熊本県倫理法人会

096-288-9398

お知らせINFORMATION

1月28

嘉悦涼子・法人レクチャラーが講話

 水俣芦北倫理法人会では、平成31122日午後6時半から、経営者の集いを開催しました。福岡県春日市倫理法人会会長 嘉悦涼子・法人レクチャラー(第一生命保険(株)MDRT会員)が「運命自招」をテーマに、約50分講話を行いました。以下は、簡単な要旨です。

・私は、1992年に発展している日本に行って大金持ちになりたいという動機で日本に来ました。6万円の所持金はあっという間になくなりました。日本語もほとんどわからなかった私は、福岡の露店の八百屋で働きました。八百屋さんは、「明日から、もうよか」(もう来なくてもいい)と言われていたにもかかわらず、その意味がわからない私は、自分のいいように考えて毎日その仕事に通い、半年続けました。

・コツコツ頑張り、日本語をしゃべれる中国人と褒められると嬉しくなり、さらに九州大学の大学生として滞在資格を取り、日本語を勉強しました。結婚して専業主婦になりましたが、あっという間に飽きてしまいました。子供を育てるためにも、第一生命保険に入社し、保険の仕事を始めました。保険とは何かも知らず、親戚も友達もないところからスタートしました。

・飛び込み営業しているとき、倫理法人会の方に出会い、入会しました。当時の私にとって会費1万円/月はとても高かったのですが、モーニングセミナーに通い倫理の勉強を始めました。

・「運命は自ら招き、境遇は自ら造る」を学んで、本当にそうだ!と思いました。当時は、日本に来て10年、第一生命保険に入って3年目でした。大恋愛して結婚したが離婚し、保険の契約は取れず最低賃金の生活をしていました。生まれた中国に帰りたくても面子がなくて帰れない。これは、自分が選択してきた結果であると思いました。

・万人幸福の栞17条「人生は神の演劇、その主役は己自身である」を学んで、自分も幸せになりたい、演ずればいい!と気づきました。最低賃金で生活し、100人に会って100人に断られたら笑えません。そういう私でした。しかし、幸せな人はニコニコしている人だと思い、笑う練習をしました。その結果、少しずつ変わりました。思いが変わったら、行動が変わります。倫理が大好きになりました。(以下略)