熊本県倫理法人会

096-288-9398

お知らせINFORMATION

9月19

花野井勝浩・法人SVが、水俣で熱く講話

令和元年911日、経営者モーニングセミナー

水俣芦北倫理法人会では、毎週水曜日午前6時から7時まで、水俣市内のホテルサンライトで、経営者モーニングセミナーを開催しています。11日は、一般社団法人倫理研究所 法人局 花野井勝浩・法人スーパーバイザー((株)ハナノイ 代表取締役)をお迎えし、「繁栄の法則」をテーマに、約40分講話を行って戴きました。

花野井様は、「家庭が円満になり、会社も右肩上がりになることが万人の希望です。誰もが、どこでも、いつでも幸福になれる倫理の法則が発見されました。明朗、愛和、喜働の三つを実践すれば、みんな上手くゆきます」と述べ、倫理の法則について、わかりやすく説明されました。以下は、その要旨です。

・明朗(ほがらか)、愛和(なかよく)、喜働(よろこんではたらく)の三つは、宇宙の法則です。台風に勝てないのと同じく、大自然を敵にしないで味方にする。宇宙の法則にのっとった暮らし道を立てていく。

・明朗は、明るい生活の実践です。大きな声で、ニコニコして、いつも張り切っている。気づいたらすぐ実践する。明るくてあたたかく、思いやりがあり、やさしい社長のところには、社員がついてきます。明るいところには、虫も集まる。物も集まり、お金も集まります。社長が明るければ、明るい社員が集まるので、明るい会社になります。

・二つ目の愛和は、みんな仲が良いということ。愛は、一時的な場合もあるが、愛和は永遠に続くということです。夫と妻が仲良くすれば、子供が生まれます。社長と社員が仲良くすれば良いものが生まれます。太陽と地球と月のように調和を保つためには、宇宙の法則にのっとって、離れすぎない、くっつきすぎない状態を保つ。夫婦も会社も仲の良い状態になります。

・三つ目の喜働は、宇宙の法則です。宇宙は、休まずにずっと働いています。仕事があることがうれしい、楽しくてしようがない、働いていることが有難いという気持ちです。けちけちせず、みんな仲良く喜んで働く。

花野井様の講話は、最初から最後までパワフルで、「明朗、愛和、喜働」の三つを実践するだけで、会社も家庭も幸福になれると強調されました。そして、その三つを、具体的にしたものが、「万人幸福の栞の17か条」だとしたうえで、17か条のポイントを解説されました。千葉県では、台風15号の大きな被害があったにもかかわらず、その千葉から熊本県の水俣まで来て、倫理のすばらしさをわかりやすく説いてくださり、参加者一同とても感動しました。花野井様、素晴らしい講話を、ほんとうにありがとうございました。

(※講話の掲載は、花野井・法人スーパーバイザーのご了解をいただいています)