熊本県倫理法人会

096-288-9398

お知らせINFORMATION

6月10

八代市 6月モーニングセミナー報告

モーニングセミナーは、ホテル開催、及び、zoom、LINE、YouTubeの
ハイブリッド開催をしております。
できうる限りの対策をして、広い会場にてお待ちしております。
オンラインセミナーにもご参加いただき、朝活しましょう。

モーニングセミナー委員会

■■ 6月10日 山鹿市倫理法人会 顧問 元山鹿市長 中嶋 憲正 氏 ■■
テーマ:「これまでの人生を振り返って思うこと」

幼少期は虚弱体質だったとは思えないほどの気力、体力と溌剌とされていた。
「下手な自分が大好きです」と身体への信頼と感謝が、生命力アップや仕事大好きへと繋がっていらっしゃる。
セミナーに初参加の方々も感想で「『許すこと•忘れること』はどうしたら出来ますか?」と質問され、年齢層は違っても学びに対する姿勢や志しが高く、磨き合いの場を共有でき大変充実した朝のスタートでした。

女性委員長 小林 緑

左上:駐車場誘導の様子 右上:中嶋 憲正 氏
左下:会長挨拶の様子 右下:MS後のシェア会の様子

■■ 6月3日 九州・沖縄副方面長 宇都 進 氏 ■■
テーマ:「恩意識の深化

10人兄弟という大家族の中で育ち、挨拶を大切にされ、挨拶の順番や玄関での行動に感銘を受けました。
私も挨拶は、日頃から心掛けているつもりでしたが、順番に関しましては、そこまで考えてはいなかったと思います。
「わが命の根元は両親である」事を再認識し、母親に毎日ハガキを出されるという実践も、続けることの大事さを学ばせて頂きました。

青年副委員長 源田正樹

田中道康様の実践報告は、①毎朝前向きな言葉を発してからの水浴び ②仕事の締めにトイレ掃除 ③両親への感謝の電話 素直に実践される様子が想像できました。
宇都副方面長の講話では「現在・今」は、多くの方々の力をおかげで成り立っていることを再認識することが大切。
第2条では、苦難には「原因がある」「意味がある」、そして「これがよい」
「親が死ぬまでにしたい55のこと(親孝行実行委員会)」のお話、とても参考になりました。
両親がしてくれたこと、両親に迷惑をかけたこと、両親にして返せたこと、を意識してみましょう。
倫理の学びは「基本的なこと」自分自身を高める場、気づき、ヒントを得る場、それを生活に生かしましょう。
今日も早朝の元気と、自己革新のヒントを頂きました。

広報委員長 中竹浩介

上から 役員朝礼・石本幹事の誓いの言葉・田中道康様の会員スピーチ・輪読の様子