熊本県倫理法人会

096-288-9398

お知らせINFORMATION

1月30

平瀬裕一・熊本県 研修委員長が、講話

令和2年1月29日、経営者モーニングセミナー

水俣芦北倫理法人会では、毎週水曜日午前6時から7時まで、水俣市内のホテルサンライトで、モーニングセミナーを開催しています。29日は、法人レクチャラー 熊本県倫理法人会 平瀬裕一・研修委員長((株)UBrand代表取締役)をお迎えして、「経営に倫理経営を取り入れて」をテーマに、約40分講話を行っていただきました。以下は、その要旨です。

・平成23月、人吉高校を卒業後、熊本市内の理美容室に入社して、美容の修行の道へ入りました。12年に父が肝臓がんを宣告されて、翌年、56歳で他界しました。父は生前、私に「お母さんだけはちゃんと見てくれ」と言いました。私は、翌年30歳の時、思い切って人吉に帰り、夫婦で美容室を立ち上げました。

・平成14年、人吉市Ubrand hairを設立。同年7月に、地域とのつながりを持とうと思い、誘われるままに倫理法人会に入会しました。その後、10年間は時々モーニングセミナーに参加する程度でしたが、25年に専任幹事の役をいただいてから、真剣に学ぶようになりました。

・会社のスタッフとうまくやっていけなくて、何とか変わりたいと思いました。10年目でエステを取り入れてリニューアルオープンしたりしましたが、相変わらずでした。「活力朝礼」を取り入れたら変わると言われて、熊本県の朝礼委員長に会社に来ていただいて、直接指導を受けました。それ以来、活力朝礼を毎日続け、今もやっています。

・現在、支店を含めて3店舗、13人のスタッフで経営しています。倫理経営を取り入れなければ、ここまで来ていないと思います。「信ずれば成り」(信成万事)と栞にありますが、何事も出来たと思って取り組みます。毎日地道に取り組むことで、人間力を磨きます。スピーチをさせることで、話せなかった人が話せるようになりました。

・朝礼では、「昨日良かったこと」の発表や成功事例を挙げて、ほめて、笑顔を増やし、ハイタッチをしてテンションを上げる工夫をしています。「人が輝く企業になる」ことを目標として、倫理の学びと実践に取り組んでいます。(以下省略)

平瀬裕一・法人レクチャラーは、「必ずいいことが起こります。早起きは直観力を磨きます。夢を叶えるために、成功を信じて勉強して、さらに励みたい」と結ばれました。本日は、『万人幸福の栞』第十五条の「信ずれば成り、憂えれば崩れる」(信成万事)の朗読と重なり、平瀬様が、この第十五条を信条として身をもって成功された体験を学ばせていただき、とても心に残りました。貴重な講話をいただき、まことにありがとうございました。